有名スポーツ選手が授与されたトロフィーの価値

スポーツの国際大会で外国人選手が優勝を果たした後に表彰式で受け取ったトロフィーにキスをする場面をよく見かける。自身の喜びを最大限の表現をしている姿ともいえる。死力を尽くして戦った後に得ることのできた栄冠のあかしであることがよくわかる光景だ。どのスポーツでもいえることだが、強豪選手になるとコレクターのような状態になり、所有する数も膨大なものになっていく。とある有名プロスポーツ選手が自宅の倉庫に保管して置いた数々のトロフィーが盗難にあったが、所有していたものがあまりに多かったためどのタイトルのものを盗まれたかが把握できないとコメントしていたことが印象的であった。また、大会によっては紛失したり盗難されたことがわかると一定の料金を支払うことにより再度同じものを作成してくれる。メジャーと言われる大会であれば再生してくれる確率はかなり高いと言える。もし選手の手元から消え去ったとしても優勝したという実績は記録として残っているので再度作成しても偽物扱いにはならない。また大会によっては表彰式でのみ本物の大会トロフィーを使い、選手にはレプリカを贈呈することもよくあることなので実際の価値というのは選手の知名度により違ってくるものだ。

スポーツ競技者にとって憧れのトロフィーです。

トロフィーは、主にスポーツの競技会や試合、文化・芸術の分野など優秀者に授与されるカップ・楯・像などの総称です。基本的には優勝者に送られる物ですが、大会によって上位入賞者に贈られる場合もあります。トロフィーは元々、戦利品を意味し勝利の女神に祝福された勝者をたたえる儀式的な意味合いがあります。その起源は古く、戦争で敵から奪った鎧や楯などを飾る習慣がもとであると言われています。これらのことからも、スポーツでのトロフィーは、まさに敵から奪い取った戦利品と呼ぶに相応しい物です。形や素材も様々で、スタンダードな物や石やクリスタルでできた物、その種目をモチーフにしたデザインなどがあります。価格も安いもので数千円から購入できるので、小さなスポーツ大会などで変わったデザインの物を用意するのも面白いでしょう。少しランクが高くなると七宝焼でできたカップや真鍮製、天然石製のものなど、価格も数万円する物もあります。そして、一番ステイタスを感じられると言っても良い、大会名や名前などが彫刻されます。探してみるとなかなか面白いので、購入を考えている場合インターネットで探してみると色々あるので、見てみると良いでしょう。