スポーツのトロフィー

トロフィーは大会に優勝した時などの時の記念品として良く使われています。部屋に飾ってもインテリアにもなります。又、トロフィーは見ると大会当時の事を思い出させてくれるものです。トロフィーにはイベント名、開催された日時などが記載されていて他の物と区別し易くなっています。スポーツによって、形も個性的で様々なものがあり、特徴的な物の一つとしてゴルフのものはゴルファーがくっついていたりして一目見て何のスポーツの物かがすぐに分かります。パソコンの通販会社に専門に扱っている会社があり見てみると様々なスポーツの物があり興味深いです。サッカーの物は非常に分かり安いです。サッカーボールが付いています。他には、野球はグローブで、バトミントンは羽根が付いています。柔道は2人で対戦している所でや剣道はお面です。ボーリング有ってそれぞれ個性が有ります。フィッシングは魚が付けられていています。値段は大きさにもよりますが以外と手頃な値段で売られています。安い物は1500円位から有ります。好きな競技があれば自分専用に購入してみるのも面白いかもしれません。話題になると思います。名入れの彫刻は技術を要する仕事なので費用が掛かるのが一般的ですが購入を条件に無料でやってくれる所もあります。

様々なスポーツの優勝トロフィー

優勝トロフィーは様々なスポーツの優勝者に与えられる勲章のようなものです。貰った優勝トロフィーは、個人戦で得たものは自宅などに大切に飾ってあったり、団体戦で得たもの例えば高校野球などの場合は、高校の入口に大切に飾ってあったりします。例えば、様々なスポーツで上位三名に与えられるメダルも勲章のひとつですが、トロフィーは優勝者にしか与えられない場合が多く本当に特別なものなのです。例えば4年に一度しか行われない世界のスポーツの祭典では、数多くの競技が行われ、種目ごとの世界一を決めるのですが、全世界からスペシャリストが集うので優勝することは非常に難しく、優勝した場合は国をあげて祝福されることになります。上位三名にメダルが贈られるのですが、メダルを獲得した選手のことをメダリストと呼び、国によっては帰国後に報奨金などが贈られることもあります。このようにメダルは優勝者だけではなく上位三名に与えられ、メダリストになるかならないかでその後の待遇にも天国と地獄ほどの差ができるのです。しかしメダリストになれなかった選手は、その悔しさをバネに4年後を目指して、より一層努力し強くなる選手もいます。優勝者はその位置を持続することが求められますが、2位以下の選手はその優勝者になることを目標とし、頑張ることができるのです。それ以外の大会や試合では優勝者のみがスポットライトを浴びることが多いのが普通です。